家紋あれこれ

喪服やネクタイ、歌舞伎役者の舞台衣装や、仏具、墓石などに刻印されている『家紋』。
家系や血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章で、単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれています。日本だけで241種、5116紋以上もの家紋があるようです。

家紋は平安時代に貴族が家の目印として使用したのが始まりとみられており、戦国時代には敵味方の区別をするために急激に増えました。

『家紋』は代々受け継がれていくものですが、一部を除いて譲渡することが可能なようです。
その例に、皇室の紋に菊紋や五三桐がありますが、豊臣秀吉の功績をたたえ、五三桐(五七桐 )を授けています。
また、紋付袴の着用等に使われる桐紋も、家紋を持たない一般庶民が使用できる紋となっています。

ep32_01ちなみに関西には現在もある風習として『女紋(おんなもん)』があり、実家の家紋とは異な
る紋を受け継ぐことがあります。入婿により女系相続が行われるためです。代々の『女紋』の数で相当な旧家であるかがわかるのだそうです。
家紋を調べれば、家系のルーツを探ることができるかもしれません。

 


誰もが最期に納まる二つ・・・柩と骨壷

今日の日本ではほとんどの地域で火葬が行われるため、適した柩に故人様をお納めします。また、散骨する以外は骨壷に遺骨もお納めし、お墓へと納骨致します。近年は様々な種類の柩や骨壷があり、ご要望もそれぞれです。自身が最期に納まる二つ・・・ご参考までにご紹介致します。

ep23_01a【棺の種類と材質】
●合板製のフラッシュ
一般的な柩になります。薄いラワン合板の間に芯材を入れて貼り合わせたものでその表面に天然木(桐が主流)を薄くスライスしたものを貼った突板貼り合板棺と布を貼った布張り棺があります。

●棺の外観と内装
彫刻を施した総彫刻、五面彫刻、三面彫刻、二面彫刻などの彫刻棺もあります。内側は白のポリエステル地が主であるが、レース等の装飾により高価なものも。

●骨壷の種類と材質
陶磁器・・・陶器は四日市市、常滑市、土焼きでは栃木県の益子町が有名。
磁器製品・・・愛知県瀬戸市のものが多く使われており、またその他有名陶芸家による壷形・
瓶形骨壷もあります。さらに台湾製の大理石の骨壷などもありますが、重量も相当です。

ep23_05東日本では通常残った遺骨は全て骨壷にお納めしますが、西日本では主要な部分のみをお納めし、ほとんどの部分は廃棄されるので骨壷の大きさは半分くらいという慣習の違いもあります。

お好きな棺や骨壷を決めておくのも、残された者への精神的遺産として大きな意味があるので はないでしょうか。


ビックリ!!葬儀の風習いろいろ  ~東日本編~

同じ日本でも、やり方も風習も地域によって信じられないようなことが習慣になっています。
葬儀というのは、こうでなくてはならないという事はありません。
守るべき所は大切にし、変えて良い部分は柔軟に対応する。アートエンディングは常に、お客様の要望も大切にしていきたいと考えています。

◆北海道では・・・
ep19_01葬儀の受付で香典を出すと、目の前で封が解かれ、中身を確認します。そして「5千円でよろしいですか」と確認されたうえで、名前が記入された領収証が発行されます。
但し書きは「香典代として」。葬儀専用の領収証も売られているくらい、北海道では常識となっているならわしとなっています。

◆秋田では・・・
ep19_02秋田県では、焼香の際に焼香盆に数十円程度の小銭を添える風習があります。お香典とは別に、小銭を供える風習は日本各地に点在して見られますが、故人があの世に旅立つお手伝いをするお金という気持ちが込められていると考えられています。

◆岩手では・・・
ep19_03六文銭(三途の川の渡り賃)が100万円。岩手県では紙に「100万円」と書いて棺に入れる風習があるのです。これには、故人があの世でお金に困らないようにとの思いが込められていて、中には「1千万円」とか「1億円」と書くこともあるようです。