日本古代の葬送儀礼

日本古代の葬送儀礼を推測する手掛かりが「古事記」(712年)にあります。天若日子の葬儀の様子として次のように書かれています。

すなわちそこに喪屋を作りて,河雁(かわかり)を岐佐理持(きさりもち)とし、鷺(さぎ)を掃持(掃除係)とし、翠鳥(かわせみ)を御食人とし、雀を碓女(米をつく女)とし、雉(きじ)を哭女(泣き女)とし、かく行い定めて、日八日夜八夜を遊びき。

※「喪屋」とは遺体を安置しておく小屋のようなもの。

※「岐佐理持」は、旗をもつ役、「掃持(持箒者)」は喪屋を掃除する箒をもつ役、「御食人」は死者に食事を供する役。

※「碓女」は死者の膳に供する米をつく役、「哭女」(哭者)」は泣き女のこと。悲観を表現して泣く役。

※「遊ぶ」は歌ったり踊ったりすること。

人が死んでもすぐに埋葬したりせず、長い間(長い場合は白骨化に至るまで)死者の鎮魂をしていたことがわかります。これは「殯」(もがり)と言われる霊を慰める儀礼でした。

『常陸風土記』(718年)の逸文には黒坂命の葬儀についての記述があります。

黒坂命の輪轜車、黒前之山より発ちて、日高見之国に至る。葬の具儀、赤旗青幡まじりひるがへりて、雲の飛び虹の張るがごとく、野をてらし路を輝せり。

これは葬列が行われた記録として読むことができます。現代でも葬列が行われてる地域がありますが、葬列の歴史は古代にまで遡ることができそうです。

上尾市 葬儀
上尾伊奈斎場つつじ苑での御葬儀や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お問合せ 0120-098-940