撤収

出棺した後、部屋を浄めるために、式場内を箒(ほうき)の目を立てて掃除することがあります。浄土宗では「酒浄式」と言って、葬式後の室内を浄めるための儀式をおこなうことがありますし、日蓮宗でも「忌中祓い」と言い、出棺の後、葬儀用の祭壇を片づけ、小さな机を置いて米、塩を皿に盛り、僧侶が屋内の不浄を祓う祈祷を行うことがあります。

火葬場に行ってきた人を迎えて浄めるために、玄関前で塩をかける、水で手洗いをさせる、玄関口に小皿に塩を入れておく、手桶に水を入れ、杓をつけ、手を拭くタオルを用意しておくことなどがあります。もとより死は穢れではないから、浄めは不用とする考えも強くあります。

 

葬儀・告別式が終了したら、祭壇など設営の撤去を行います。(地域によっては初七日まで祭壇を置いておくこともあります。)まだ会葬者などが残っていることも多いので、撤去作業は静かに手際よくきびきびと行う必要があります。

設営の際に移動した物も、きちんと元通りに戻します。設営に使用した画鋲などが残っていないか確認します。最後に全体を点検し掃除をします。掃除は式場内だけでなく門前から全体にわたって行いましょう。終了したら、残った責任者に問題がないか確認してもらい、寺院や斎場を借りた場合は必ずそこの責任者の確認を得ます。

 

火葬場から遺骨が戻って安置できるように後飾り(中陰檀)をします。後飾りは、小机に白布をかけ、三具足(燭台、香炉、花立て)に遺骨、位牌、遺影が載せられるようにします。ところによっては初七日までは葬儀檀をそのまま使用することもあります。

一般的な後飾りは次のようになります。

上段に遺骨を置き、その前に位牌、花壇に遺影を置きます。遺影の前には、中央に香炉、向かって右に燭台と鈴、左に花立て、両サイドに供物を置きます。グラスに水を入れ、位牌の前に置くことがあります。後飾りの周囲には葬儀に使用した生花や供物を整理して適宜ならべます。生花や供物は部屋の大きさに合わせて整理するとよいでしょう。

後飾りする場所は、床の間などの場合、後ろに十三仏の掛け軸をかけることがあります。燭台、鈴は仏壇のものを使用し、香炉は葬儀社が用意し、忌明まで貸すなどの方法がとられることがあります。但し、浄土真宗の場合、また地方によっては、中陰壇と仏壇の仏具とは区別しています。

上尾市 葬儀
上尾伊奈斎場つつじ苑での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です