葬儀社の選び方「担当者の人柄を見る」って何?

担当者の人柄を見るとは

葬儀社の選び方の一つに「担当者の人柄を見る」

というポイントがあります。

「人柄を見る」なんとなく意味が分かりそうで分からない。

葬儀社選びというお困り事を解決するために

実際にあったお葬式を元に事例をあげて説明します。

=============================

ある日のお昼、式場の事前相談スペースにおいての来店の対面相談です

昨夜の深夜にご兄弟の方が亡くなられたそうです。

兄弟の事で突然だったので葬儀社を決めていなかったため

病院から紹介された葬儀社にお迎えをお願いし、

その葬儀社の霊安室に安置をお願いしたそうです。

通夜・葬儀という形ではなく、事情もあるため

火葬式(葬儀を行わない火葬のみ)をご希望でした。

現状とご予算をお伺いし、お手伝い出来る部分をご説明しました。

つまり、安置場所は他社の葬儀社で、そこから移動を行い、

弊社にお願いをするという事です

ここでの注意点は

病院から霊安室までの搬送費用や霊安室料、1日分の

ドライアイスの費用は病院から紹介をされた

葬儀社にお支払いをするという事です

そこから弊社が対応する為、弊社へのお支払いももちろん発生します

両方を合わせるとご予算をオーバーしてしまうのです。

ご兄弟の中で色々と検討された結果、最初の病院のお迎えの費用や1日分の霊安室料を

お支払いしたとしても他社の葬儀社から変更して

弊社に今後をお願いをするとの事でした。

ご予算を多少オーバーをしておりますが、それでも良いとの事です。

弊社に相談された時点で費用の面をとても気にされておりましたので、

不思議でなりません。

しかしその理由が他社の霊安室にお迎えに上がった時に

その理由がわかったような気がしました。

それはなぜかと言うと担当した方の対応が表面上は良さそうなのですが、

なんとなく嫌な感じを醸し出していたからです。

それはご家族とお話をする場面ご家族の見ていないところでの所作

同業者に対する対応の仕方などなど、あまり快くない対応でした。

表情を見る限り、目が怖いのです。

同業者も威圧感を感じるほどです。

葬儀の仕事は目配り気配り心配りと言われております。

担当者の印象でご家族のお葬式に対する気持ちも変わります。

ご家族とその後お話をしましたが、やはり嫌な感じがしていたとの事です。

特に断る際には露骨に嫌な顔をされ、かかった費用も急に割引をされ

そこからも引き止めようとされたとの事でした。

無事に霊安室から弊社の霊安室に移動が終わり

打ち合わせもある程度決まっておりましたのでスムーズに進みます。

翌日は友引でしたので翌々日に10名様お集まりの中、

ゆっくりとお別れを行って頂きながらお見送りをして頂きました。

=============================

担当者の人柄を見るポイントとしては

「見た目の印象はどうか?」

第一印象で引っかかる部分は無いか

「会話だけでなくふとした所作はどうか?」

歩き方、ドアの締め方、後ろ姿、この人に大切な方を任せても大丈夫かどうか

「対応に心がこもっているかどうか?」

話し方、安易に割引などで気を引こうとしていないか

今回のケースから見えてくるポイントです。

「担当者の人柄を見る」は事前相談の段階で可能です。

ぜひお役立てください。

ちなみに今回のケースは

病院から紹介された葬儀社に安置されたとしても、まだ断る事ができています。

「嫌な印象だけど安置まで済んだから断りづらい」そんな時は

ご相談ください、費用の面でも対応の仕方も一緒にサポートします。

上尾伊奈斎場つつじ苑の式場を利用してのご葬儀・家族葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


葬儀費用はなぜ「高い」というイメージが強いのか?

一般的に葬儀費用に対する印象は、
「高い」ではないでしょうか。

今回は、なぜ高いのかを考えてみたいと
思います。

お金

生活をするうえで、私たちは日々消費活動をしています。

毎日消費するもの、年に何度か消費するもの、一生のうちに
数回のものと分けるとします。

 
消費者の購買頻度が最も高い消費財を最寄品といいます。
単価は低く、何度も繰り返し購入されます。
食料品や生活消耗品などがあげられます。

購買計画を立てて買うものを買回品(かいまわりひん)といいます
購買前に品質や価格、商品特性などをよく比較検討してから購入します。
家具や衣料品、家電製品などが買回品に分類されます。

独自のブランドや個性を持った製品を専門品といいます。
高単価で消費者は購買まで十分な努力をかけようとする特徴がある製品です。
専門品が高単価な理由としては、その商品の特性上、開発費がかかったり、
多くの人が関わったり、そのサービスを提供するまでに手間がかかったり、
設備の維持費が高かったりがあげられます。家

車

 

 

 

 
専門品の例をあげてみると、家や車、リフォームや冠婚葬祭サービス、
ハイブランドの物などがあげられます。

 

 

この専門品の中で、例外的な理由があるのが葬儀サービスです。

一つは、他の商品やサービスは消費者側が購入するかどうかを決める事が出来ます。
もし、経済的に厳しければ、購入しないでも良いサービスです。
しかし、葬儀に関しましては、人は必ず亡くなりますし、やり方や費用は
様々であれ、必ず火葬は行わなければなりません。火葬をしないという選択肢
がないのです。

もう一つは、消費者が購買まで十分な思考や努力が出来ずに、短時間で全てを
決めなけらばならないということです。
他の専門品は、事前に十分に情報を集め、これならという気持ちで購買に至るので、
高単価商品だとしても、負のイメージでの「高い」はないかと思います。
また、気持ちの面でもポジティブな気持ちでの買い物なので、納得もいきます。
しかし、葬儀に際しましては、すべてが逆の行動になります。
十分な情報も得られませんし、気持ちの面でもプラスの気持ちではありません。
事前相談をしていない状況で、万が一の事が起きた時に、
選択肢の無い中で、高額のサービスを短時間で決めなければならない。
そして、その時の葬儀社のサービスや価格が適正であれば、納得もしますが、
意にそぐわない事ばかりが続くと、良いイメージが残らず、
負のイメージばかりが残っていくのだと思います。
ただでさえ、大切な方が亡くなるというデリケートな心情の中での葬儀ですので、
事前に相談をすることで、少しでも負のイメージを無くすことが必要に感じます。

そのためには、葬儀社の努力も必要ですが、事前に調べるという消費者の努力も
あれば、言い方は悪いですが、悪い葬儀社が淘汰され、葬儀に対するイメージも
変わっていけるのかなと思います。