喪中ハガキは喪中を知らせるものではありません?!

喪中とは「喪」に服している期間のこと言います。

「喪」とは死者を偲び、お祝い事を避けたり、家にこもってつつしむ事です。flower_kikyou

「喪」に服す期間は、故人との関係性によって異なる場合もありますが、

基本的には近親者の方が亡くなられてから1年間とされています。

この喪中にはおめでたいことをしない事が原則とされているので、

お正月には年賀状を控え、その代わりに「喪中ハガキ」を送ります。

 

しかし、「喪中だから喪中ハガキを送る」というわけではないのです。

一般的に「喪中ハガキ」と呼ばれているものは、

正式には「年賀欠礼の挨拶状」と言います。

喪中ハガキというと、自分が喪中であることや、

自分の家に不幸があったことを知らせる訃報ハガキと思われている方もいらっしゃると思いますが、

本来の意味からすると、

『喪中につき年賀状を出さないけど、良い年をお迎えくださいね』や

『喪中のため、今年は新年のお喜びをお伝えできませんので、失礼いたします』

というものになりますので、ご親戚やお付き合いのある方に

「私は喪中です」とお知らせする為だけのハガキではないのです。

 

また「年賀欠礼の挨拶状」ですので、

喪中ハガキを送る相手は年賀状のやり取りをしている方になります。

「喪中だから、知らせないと!」と普段年賀状を出していない相手にも送ってしまうと、

突然の喪中ハガキに驚かれてしまう場合もありますので、

難しく考えずに「普段年賀状のやり取りをしている方に出す」

というのを基本にすると良いと思われます。post_tegami_toukan

 

送る時期は、先方が年賀状を用意する前、11月中旬~12月初旬までには

届くように出すのがマナーとされています。

喪中ハガキを準備し始めると色々疑問が出てきますので、

慌てないように前もって早めの準備が大切かもしれません。

 

上尾伊奈斎場つつじ苑を利用してのご葬儀・家族葬は、アートエンディングにお任せ下さいませ。