出棺

出棺する際、マンションなどで階段を使うときには、危険ですので葬祭業者が安全に注意して階下まで運ぶようにします。一般には霊柩車に搬入するまでの柩の運搬は、故人と関係の深かった若い男性の手で行います。最近では台車を用意して、遺族の女性、子どもでも運べるよう配慮しているケースも見られます。

 

自宅からの出棺の場合、古くからの習俗として、玄関からではなく窓や縁側などから出したり、仮門を設けてそこから棺を出すことがあります。死霊が再び家に戻ることのないようにとの気持ちの現れであるとか、死は非日常的の事柄であり日常とは逆のことをするので、通常の出入口である玄関は用いないなどと説明されています。

また、出棺にあたって故人が生前使っていた茶碗を割ることがあります。これも死霊が再び戻らないようにするため、またはこの世とは逆のあの世で使用できるようにするなどと説明されています。

 

出棺に先立ち、集まってきた人に供養品を配ったり、撒いたりする習慣もあります。このほかさまざまな習慣として、子どもが親より先に死んだ場合には「逆縁」だからと親は火葬場に行かない、配偶者が亡くなった場合に再婚の意思ある女性は火葬場に行かないなど、各地での言い伝えがあります。但しこれらの言い伝えは必ずしも正しいものばかりとは限りません。特に子どもを亡くした親が火葬場にいかないというのは、悲嘆にくれる親を苦しませないための配慮でしょうが、むしろその心の傷を大きくすることもあり、精神医学的にまちがった考えとされています。

上尾市 葬儀
上尾伊奈斎場つつじ苑での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940