なぜ、葬儀の際に花を手向けるのか?

お葬式を執り行う際に、祭壇の周りにお花が
使われているのを目にしたことがあると思います。お花

また、花祭壇のように祭壇自体をお花で設営したり、出棺前に故人様にお花を手向けるという時間があったりします。

そもそも何故、葬儀の際にお花を飾ったりするようになったのでしょうか。

その意味は?と考えると昔から出しているからという感覚が多い様に思います。

仏教説話では、「亡くなった仏陀の上に沙羅樹の花の長い枝が
垂れ下がって遺体を囲んでいた」とあります。

その他にも、再生を繰り返す花や植物を飾ることによって、新生を
願うために供える、極楽浄土はお花畑のような所なので、極楽浄土へ
と無事に旅立てますようにとの願い等々、諸説あります。
しかし、仏教に限らず宗教や民俗をこえて死者を弔う際は
祈りをこめてお花を飾ったり捧げたりしています。

そう考えると、仏教的な意味というよりも、もっと共通な意味合いが
あるのだと思います。

そもそもお花には花言葉というように、お花それぞれにも意味が
あったりしますし、葬儀に限らず、人生の様々な場面でお花は
飾られてきています。

お花の役割は、「心の豊かさを満たすこと」と聞いたことがあります。
確かに綺麗なお花を見ると、心が安らぎますよね。
お葬式の場面では、大切な方を失った悲しみが大きいです。
お花を供えるということは、少しでもその悲しみを和らげたい、
安らかな空間で大切な方を見送りたい、そんな優しさや真心の想いが
大きいのかもしれません。

心や想いという目に見えない物を、形として表現できるものが
お花以外にあるでしょうか。

一昔前は、葬儀の御供花といえば菊が主流でした。今は菊だけでなく
色々な種類のお花のご供花もあります。
未だに菊しか扱っていない葬儀社もあるようですが……。

菊 洋花

物の意味や本質を大切にしていれば、様々な形を実現して、後悔のない

お葬式のお手伝いをしていく事が、私達の仕事でもっとも重要な事かと
思います。

心安らぐ演出をお花からも考えていきたいと思います。