葬儀後の会食

仏教式の葬儀では、収骨後自宅に戻り、遺骨を後飾り祭壇に安置して法要を営みます。これを「還骨回向」、または宗派により「還骨勤行」(浄土真宗)、「安位諷経」(曹洞宗)などと呼びます。(神葬祭では「帰家祭」)近年では、これに合わせて初七日の法要を繰り上げて行うのが一般的となっています。

 

火葬後、または葬儀・告別式の終了後に設ける宴席を、一般には「精進落とし」と言うことがあります。(浄土真宗では言いません)地方によって、「精進揚げ」「忌中祓い」「精進落ち」「お斎(とき)」「直会(なおらい)」「仕上げ」などとも呼ばれています。(関東では、通夜振る舞いなどを「お清め」と呼ぶことがありますが、死穢を祓い清めるという意味ですから、あまり適切な表現とはいえません)

「精進落とし」は、魚や肉などを食べずに精進した中陰の期間に区切りをつけ日常生活に戻ることであり、本来は四十九日の法要後のお斎の席に、肉や魚などの「なまぐさもの」が出されました。今では、死者との食い別れの宴席を設ける、葬儀後に手伝ってくれた人にお礼の振る舞いをすることから、葬儀・告別式後に行われるようになったものと思われます。この宴席のことを「初七日」と言うことがありますが、初七日法要を繰り上げて葬儀後に行うことから「初七日法要のお斎」が簡略化したものでしょう。

この宴席の意味は大きく2つあります。

1. 僧侶などの宗教者、手伝ってくれた方への感謝の席

2. 故人を偲んで食事をし、話をし、交わる席

地方によってさまざまな呼び方があるのも、どの意味を強調するかによって変わっているものと思われます。

このように、現在の宴席はいくつかの意味が合体または変容したものです。現代的な表現をとるなら「感謝の会(席)」「偲ぶ会」となるでしょう。

 

火葬場まで同行した人と手伝ってくれた人だけが席を囲む場合や、できるだけ多くの人に出てほしいと案内することもあります。(東北の一部では、通夜などのときに予め宴席に招待する人に名刺大の案内状を渡す)

数が見込めるときには弁当、見込めないときには大皿料理などとします。これは費用にも関係しますので、遺族の意向を予めたずねておきます。

一般には、宗教者の話、葬儀委員長など世話役の挨拶、喪主挨拶に続いて飲食に入りますが、決まった形は特にありません。宗教者を上席、遺族は末席に位置するのが一般的です。

 

地方により、宴席に出た人に「引き物」を渡すところもあります。料理などもつけることがありますが、予め品物や費用を明確にして準備する必要があります。また、葬儀・告別式・宴席の後、関係者に供花を自由にもちかえってもらうことがあります。

上尾市 葬儀
上尾伊奈斎場つつじ苑での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940