通夜

通夜とは古代の殯(もがり)の遺習であるとか、臨終の際の看病の延長にあるものであるといわれます。夜伽(よとぎ)とも言われ、夜を徹して死者をみまもり、枕元でお経が読まれ、念仏が唱えられました。

死とは法律的には「心停止」という<点>ですが、遺族や身近な人たちにとってはすぐ受け入れられることではありません。そこで、夜を徹して死者の枕元に侍り、生きていると同じように仕えます。ある意味では、死者と最後に過ごす大切な時間であると言えます。

遺族にとって死者はまだ完全な死者として認められた存在ではなく、生と死の境界線上にあって気持ちが揺れ動き、矛盾に満ちた状態にあります。こうした遺族の心情を大切にして通夜を過ごしたいものです。遺族が亡くなった方を囲んでお別れのための充分な時間をもつということは通夜の大切な機能なのです。

 

親族も地元にいるとは限らず、また、いろいろな人に連絡する都合もあって、死の当日は「仮通夜」と称して家族で死者を見守り、葬儀・告別式の前日を「本通夜」とするケースが多く見られます。(本)通夜は夜の6時~7時の1時間程度を僧侶の読経と弔問客による焼香にあて、終了後弔問客に対して「通夜振る舞い」の酒や食事を供し、1~2時間で順次散会、後は遺族や身近な者だけで死者を見守る、というのが一般的です。

近年は、仕事の都合から、夜間の弔問が便利ということで、通夜の参列者が告別式の参列者より多くなるという傾向がありますが、通夜の本来の意味を失わないように注意したいものです。

キリスト教のプロテスタントでは、通夜は「前夜式」と呼ばれ、礼拝が行われます。カトリック、プロテスタントともに、派手な「通夜振る舞い」は避ける傾向にあります。宗教、地域の習慣の違いにも注意しましょう。

現代の通夜が夜間の告別式のようになったとしても、最も大切なことは遺族や身近な人が死者と共に過ごす最後の時間であるということには変わりはありません。遺族は長い看病により肉体的にも疲れていることに加えて精神的にも打撃を受けていることを心に留める必要があります。

僧侶は読経の後、法話をし、仏教の教えにおいて生と死はどう考えるべきかを説き、遺族への慰めをします。また、通夜の席ではしばしば戒名が与えられます。その場合には白木の位牌、和紙、硯、筆(新しいもの)を用意しておきます。

〇通夜の準備

1. 飾りつけの確認をします。

2. 受付、案内、供養品渡し、料理の手配、などの役割を確認します

3. 遺族その他の着席場所を確認しておきます。

4. 夜間ですから照明も含めた案内の確認をします。

5. 宗教者と進行を確認しておきます。

通夜は歴史的にも変化してきたものですし、地域によっても営まれ方が異なりますが、仏教式の一般的な法要の進め方を以下に示します。

1. 時間がきたら遺族、関係者は着席します。

2. 導師が着席し、読経が行われます。

3. 導師の指示により、遺族・関係者の焼香、弔問客の焼香が行われます。遺族・関係者の焼香は回し焼香で行われることもあります。

4. 導師による法話が行われます。

5. 遺族代表が挨拶し、通夜振る舞いの案内をします。

6. 通夜振る舞いを行い、弔問客は自由に散会します。

7. 最後は遺族・関係者のみによって遺体を守ります。(灯明、香は絶やさないようにします。)

<注意点>

1. 式場の広さを確認し、棺の前に座る人を確認します。関係者だけで営むときには順次座ってもらっていいでしょうが、弔問客が多いときには会葬者の待機する場所、中に誰に座ってもらうか、などを事前に確認しておきます。

2. スペースの関係もありますから、通夜振る舞いの席に弔問客全員を案内するのか、関係者だけにするのか、確認しておきます。葬儀費用の見込み違いに「接待費用が思いがけなくかかった」ことがよくあげられます。事前に方針をきちんと確認しておく必要があります。

3. 遺族の心身の疲労もあるので、通夜振る舞いの終了時間を予め確認しておき、自然に終わりにもっていくよう配慮します。

4. 片づけ、整理を行い、遺族・関係者の方に過ごしていただく場所の設定を行います。

5. 翌日の確認を行います。通夜の弔問客の様子から火葬場への同行者の数、マイクロバス、料理、焼香順位、弔辞などに変更がないかどうかを確認します。

 

通夜振る舞いにもさまざまな形があります。酒食を供するのではなく、弔問客にお菓子をもって帰ってもらうもの、お茶だけを供するところ、食事券(寿司屋などの)を渡すものなど地方により異なります。食事を供する場合には、人数がその場にならないとわからないので、弁当などよりは盛り合わせ料理のほうが適しています。

 

また、通夜は遺族中心のものですから、葬儀業者は設営・飾りつけだけで、立ち会わない、というところもあります。しかし、通夜の時点では遺族も精神的に不安が多い時期ですから、側にいて相談にのってあげられる態勢は必要です。近年、通夜の弔問客が増える傾向もあり、葬儀習慣をよく知らない人も多くなっていますので、葬祭業者が通夜のお世話をする必要度は高まる傾向にあります。

 

通夜と葬儀・告別式との境がなくなってきたことと、礼服マナーが説かれるようになったことから、戦後(特に昭和50年代以降)になって通夜における黒服着用が一般化してきたという経緯があります。しかし、黒服は「喪服」(喪に服すときに着用する着物)として着用するものですから、生と死の境界線上に位置付けられる通夜では喪服の着用はふさわしくないとする考えもあります。特に弔問客の場合には、黒服着用は必要なく、派手でなく、きちんとした服装であれば問題はありません。

上尾市 葬儀
上尾伊奈斎場つつじ苑での御葬儀・お葬式や家族葬を
お考えの方はご相談下さい。
お葬式の費用、家族葬の費用
お問合せ 0120-098-940